健康づくり応援団 | えのぽ

生涯を通じた女性の健康


近年、女性の生き方が多様化し、ライフスタイルも変化しています。女性を取り巻く環境も変わり、女性のからだとこころに大きな影響を与えています。


【乳がん】
日本人女性の12人に1人が乳がんになるといわれ、1年間に新たに乳がんと診断される方は約6万8千人、年間で1万人以上の方が亡くなっています。特に40歳前後を境に乳がんで亡くなる人が急増します。また、若い世代の乳がん罹患率も年々上昇しています。何歳でもかかる可能性があり、若いうちから関心を持つことが大切です。早期発見であれば約90%の方が治癒するといわれており、定期的な検診と自己チェックが大切です。また40歳以上の方は、定期的にマンモグラフィ検診を受けましょう。

乳がん啓発キャンペーン  ピンクリボン
pinkribon●乳がんは唯一自分で発見できる「がん」です。
月1回の自己触診は、乳がんの早期見に極めて有効です。                          
●乳がんは早期発見すればほとんど治りますし、乳房を温存することもできます。    
       

 


【子宮がん】

子宮がんには「子宮頸がん」と「子宮体がん」の2種類があります。
子宮頸がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が原因で子宮の入口にできるがんです。
子宮頸がんは、20代~30代の女性で子宮頸がんに罹る人が増えています。ほとんどの場合、初期には自覚症状がありません。そのため、予防には20才を過ぎたら定期的に検診を受けることが大切です。
子宮体がんは、子宮の奥にできるがんで、女性ホルモンのバランスや出産経験の有無が関係すると言われ、閉経後の50~60代が好発年齢です。子宮体がんのサインは不正出血です。不正出血があった場合は、すぐに受診する事が大切です。

【藤沢市の現状(がん検診率)】
平成26年度藤沢市がん検診受診率は、乳がん検診が20.3%、子宮頸がん検診が26.8%と低いのが現状です。市の検診のほか職場の検診等も利用し、自分の体を守りましょう。

自己触診の方法はこちら