健康づくり応援団 | えのぽ

身体活動・運動


毎日、からだを動かしていますか?
日本人が亡くなる原因に大きく関わるものは、1位 喫煙、2位 高血圧、3位 運動不足となっています。からだを動かすことは、健康寿命を延ばすことにもつながります。

「プラステン」という言葉をご存じでしょうか?今より「1日10分」でも多くからだを動かすと、生活習慣病の予防だけでなく認知症やうつの予防、ロコモティブシンドローム(詳細は下記リンク参照)の予防にもつながることがわかっています。65歳未満の方は1日60分以上、65歳以上の方は1日40分以上、からだを動かすことを目標に、まずは今より10分多くからだを動かすところからはじめましょう。

「1日10分からだを動かす」といっても、必ずしも「運動」をしなければならないということではありません。1つ前のバス停で降りて歩く、エレベーターではなく階段を使う、などの工夫をすることで、「プラステン」の達成に一歩近づきます。

藤沢市では、1日10分でも多くからだを動かすことを市民の皆様により意識していただくため、また市民のみなさんが主体的に、みなさんでからだを動かすきっかけづくりができるよう、様々な講座を実施しています。講話、体操の実践などを盛り込んだプラステン講習会、藤沢市内を13地区に分けてそれぞれの地区で実施するウオーキング教室などがあります。
詳細は下記リンクをご参照ください。

●アクティブガイド:2013年3月 厚生労働省が策定した健康づくりのための身体活動指針
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002xple.html
●ロコモティブシンドローム  
https://locomo-joa.jp/
●藤沢市の身体活動促進の取り組み(教室等のご紹介)
http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/kenko-z/kenko/kenko-jigyou.html