健康づくり応援団 | えのぽ

ふじさわ健康フェスティバル2017 開催中!

ふじさわ健康フェスティバル2017」(公開講座)を開催しています。運動・こころ・栄養の分野で健康づくりに役立つ内容の講座を、「ふじさわ健康づくりネットワーク」の9団体と市が開催するものです。いくつかの講座をレポートします。

(1)ふじさわ健康ミーティング2017【主催:藤沢市・慶應義塾大学】
  ~みんなで元気に身体を動かす秘訣を紹介します!~というテーマで、「ふじさわ健康ミーティング2017」がありました。詳しい内容は、えのぽに掲載しましたのでご覧ください。
http://www.enopo.jp/2017-08-26-14-18-45/mobile-event/22278-kenkomeeting2017.html

(2)「シニア男性料理教室 楽らくクッキング・基本編」【主催:藤沢栄養士の会 さつき会】
料理をほとんどやったことのない男性に、興味を持って「食事づくり」を始めてもらうための講座です。
メニューを決める時に、 手洗いは丁寧に! はかってみよう! お米を研いで炊いてみよう! 汁物のだしをとってみよう! 切り方を学ぼう! レシピを見てつくってみよう! など盛りだくさんの内容でした。

005080049800502本日のランチメニュー ・ごはん ・さけの茜焼き ・無限ピーマン ・おろし和え ・リンゴの重ね煮 ・具だくさん豚汁

(3)ローリングバレーボール練習会【主催:藤沢市肢体障害者協会 RVCハッスルかわせみ】
 ローリングバレーボールは日本発祥。兵庫県の養護学校の先生が視覚障害者のフロアーバレーを参考に考案したのが始まりだそうです。神奈川県身体障害者施設協会のHP( http://kanashin.main.jp/event.html )を見ると、今年10月に第28回の県大会が開かれたとあります。

通常のバレーコートを使用し、ボールは床から40㎝のネットの下をくぐらせます。6人制(前衛3、後衛3)で健常者は後衛に限ります。ローカルルールが主流と聞きました。

会の代表のお話では、「無理することがないので高齢者にも向いている」ということでしたが、片膝をついての姿勢になれない上、始まると本気になってしまうので集中力と瞬発力はかなり要求されます。それでも、健常者もメンバーとして、様々なハンディを持った方と協力しながらプレーするので、思いやりが必要で相互の交流に役立ちます。 

22302229