健康づくり応援団 | えのぽ

「食べる力」は「生きる力」

6月は「食育月間」 毎月19日は「食育の日」です。
「食育」は生涯にわたり健康な心と体を培い、豊かな人間性を育む基礎となるものです。この機会に「食」について考え、できることから実践してみませんか。

shoku01shoku02

食育とは
 さまざまな経験を通して、「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることです。「食べる力」には、食事を通じて「心と体の健康を維持できること」「家族や仲間と一緒に食べる楽しみを味わうこと」「食べ物の生産過程を知り、感謝する気持ちをもつこと」などがあります。子どもから大人まで生涯にわたって「食育」を実践しましょう。

藤沢市の現状
 市が行ったアンケートの結果、次のことが分かりました。
●若い世代は、朝食を食べない人、主食・主菜・副菜のそろった食事をしていない人、野菜を食べない人が多い
●「1日3回食事をする」「野菜を多く食べる」「栄養のバランスを考える」「塩分を控える」などに普段から気をつけている人が多い

shoku03shoku04

「食品ロス」を減らそう
 食べられるのに捨てられている食品を「食品ロス」といいます。日本では、食品ロスが年間約632万トンにも上ります。
 大切な食べ物を無駄なく消費し、食品ロスを減らしましょう。
食品ロス削減の工夫
★食材を「買い過ぎず」「使い過ぎず」「食べ切る」ようにしよう。
★「消費期限」(食べても安全な期限)と「賞味期限」(おいしく食べられる期限)の違いを正しく理解しよう。
★外食時の食べ残しをなくそう。


問い合わせ :健康増進課【電話】0466(50)8430、【FAX】0466(28)2121