健康づくり応援団 | えのぽ

1日の元気は朝ごはんから

asagohan1 朝ごはんを食べることで代謝が高まり活動の準備が整います。また、脳にエネルギー源となるブドウ糖が補給され脳の働きが活発になり、学力や仕事効率のアップにつながります。

 
【Step1】何も食べていない場合
 ⇒ ⇒ 何か食べる習慣を身につけるasagohan2
【Step2】食欲がない場合
 ⇒ ⇒ 果物やヨーグルトなど食べやすいものを常備する
【Step3】食べる習慣がついた場合
 ⇒ ⇒ 主食・主菜・副菜がそろうように心掛ける

  

朝ごはんを食べないと?出展:農林水産省「めざましごはん」

  朝ごはんを抜くと、脳のエネルギーが不足して集中力や記憶力の低下などに繋がります。

01.朝食を抜くと脳や精神に悪い影響が?
 朝食を抜いて学校や職場に行くと、なんとなくイライラしたり、集中力が出なくて、勉強や仕事がはかどらない
 ことはありませんか?これは、脳のエネルギーが不足していることが原因です。

02.脳のエネルギーはブドウ糖
 脳の活動エネルギーは主にブドウ糖の働きによるものですが、ブドウ糖は体内に大量に貯蔵しておくことができず、
 すぐに不足してしまいます。つまり、空腹な状態で起きた朝の脳は、エネルギー欠乏状態。
 朝にしっかりごはんを食べないと、脳のエネルギーが不足し、 集中力や記憶力も低下してしまいます。

03.朝はごはん食がおススメなんです
 不足したエネルギーを補うには?おすすめは、ずばり!お米を食べる「ごはん食」です!
 ごはんは粒食なので、ゆっくりと消化・吸収され、なだらかに血糖値を上げて、長時間維持します。
 つまり、脳にとって非常に安定したブドウ糖の供給源なのです。
 さぁ、気持ちよくシャキッと1日を始めるために、朝からしっかりごはんを食べましょう!