健康づくり応援団 | えのぽ

マスクをするときに注意することは?

 「ふじさわ元気チャレンジ」では、動画を配信しています。
1.歯磨きをしてから、マスクをしよう
食べた後は、きちんと汚れを取ってから、マスクをしましょう。また、マスクをしていて口の動きが悪いと、サラサラの唾液が出にくくなり、唾液の分泌がへり、口がねばねばして汚れが口の中に残ります。
いつもより、ていねいに歯磨きをしましょう。

0711 mask22.お口の健口体操で、オーラルフレイル予防
「噛む」「飲み込む」「話す」などの口腔機能の衰えを予防しよう。
1. 口の周りの筋肉をしっかり動かす
2. 表情筋などの顔の筋肉を使う
3. 舌を動かす
4. 飲み込む力を強くする
    

3.水分を十分に摂りましょう0711 mask3
口が潤っていると思い、水分を摂る機会が減ります。
熱中症予防のため、水分をこまめに摂りましょう。

 

問合せ先 藤沢市健康増進課 電話:0466(50)8430 FAX:0466(28)2121