健康づくり応援団 | えのぽ

藤沢市民病院 患者総合支援センター 

 2020年4月に開設した「患者総合支援センター」は、通院から入院、退院後の生活までを一貫して支援するセンターです。病院内のさまざまな部門が担ってきた業務を「入退院センター」「患者相談室」「外来・検査予約センター」および「地域医療連携室」の4部門に集約し、患者さんをワンストップで支援する体制を整えました。(広報ふじさわ8月10日号より) 
問い合わせ 病院総務課【電話】(25)3111、【FAX】(25)3545

0808 kanjasien1

 

入退院センター
 入院が決定した段階から医師・看護師による治療内容・病歴の確認や入院生活の説明、薬剤師による服薬状況の確認をします。
 また、手術予定の患者さんには、麻酔や手術内容の説明、歯科衛生士による口腔(こうくう)衛生状態の確認を行うなどして、患者さんの安全・安心な入院生活と早期回復を目指し、入院から手術、退院までの一貫した支援を行っています。

患者相談室
 患者相談室には、「医療・福祉相談」「患者相談窓口」および「がん相談支援センター」があります。
 病気やケガによる不安や経済的な心配を和らげ、安心して治療・療養に専念できるよう、医療ソーシャルワーカーや専門の看護師が医療や生活に関するさまざまな相談を受け、他部門と連携しながら解決に努めています。
 
外来・検査予約センター
☆外来予約センター
 初診患者さんと再診患者さんの予約変更業務をコールセンターに集約し、予約の待ち時間を短縮しました。
☆検査予約センター
 複数の検査予約と検査内容の事前説明の窓口を集約し、患者さんの負担を軽減しました。

地域医療連携室
 地域の医療機関から市民病院に紹介された患者さんに専門的な治療やより詳しい検査を提供し、症状が安定した患者さんには地域の医療機関へ逆紹介をしています。
0808 kanjasien2緩和ケアセンターもご利用ください
 地域の医療機関や訪問看護、ケアに携わる方々とのきめ細かい連携を図り、がん診療のサポートとより充実した緩和ケアを提供する「緩和ケアセンター」も4月に開設しました。
 「がん看護外来」の運営も開始し、患者さんや家族の身体的・精神的な苦痛に関する相談や意思決定の支援を行っています。