健康づくり応援団 | えのぽ

熱中症警戒アラートを活用して熱中症を予防しましょう 

〇「新しい生活様式」における熱中症予防のポイント
マスク着用により熱中症のリスクが高まるため、のどが渇く前にこまめに水分を補給しましょう。屋外では、周りの人と距離を確保し、定期的にマスクを外しましょう。室内では窓を開けるなど十分な換気をしながらエアコンを使用し、室内の温度・湿度を適切に管理しましょう。日頃から体温測定、健康管理を行い、体調が悪いときは無理せず自宅で静養しましょう。詳しくはこちら

〇熱中症警戒アラートを活用しましょう
 熱中症の危険性が極めて高くなると予想される日の前日夕方または当日朝に、「熱中症警戒アラート」が発表されます(期間:7月1日~10月28日)。アラートが発表された際は、熱中症予防対策を普段以上に実践しましょう。不要・不急の外出はできるだけ避け、エアコン等が設置されていない屋内や屋外での運動や活動等は、原則、中止か延期にしましょう。また、熱中症のリスクが高い高齢者や、子ども、障がい者に方々に対しては声かけ等の配慮をお願いいたします。詳しくは、気象庁ホームページをご確認ください。  

問い合わせ
 健康増進課 電話 0466(50)8430、FAX 0466(28)2121

 0902necshu chirashiback0902nechusho